So-net無料ブログ作成
検索選択

ベルンド・ケストラーのネックウェア

161227_1934~01.jpg161227_1935~01.jpg161227_1936~01.jpg161227_1937~01.jpg161227_1938~01.jpg
リブ編みの作品が多いです。
フリンジを付けてメデューサと名付けたそうです。
コートの内側より外に出して使う作品がほとんどでした。
フリンジつきだと男性には向きませんね。
女の子には色を考えて編めば楽しいものが出来上がりそうです。
海外毛糸は日本と違ってはっきりした色合いが多いから
そのままの作品だとちょっと二の足踏みます(^_^;)
この本を買ったのはアスタースティッチとイギリスゴム編みが載っていたからです。
この二つ苦手なのです。
1400円税抜き
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ミステイクリブのメデューサ フリンジなし

161227_1923~01.jpg
ベルンド・ケストラーさんの「ネットウェア」から
配偶者用なのでフリンジをつけないで作成しました。
七ミリ針で編んだので本のように5号針ではない
作成時間は短いはずが 単純な模様なのに
輪編みにしたら何度も間違えてやり直しばかりでした。
しばらく編物しなかったからか?(>_<)
プードルファーを裏側につけようと思います。

ミステイクリブの作品が中心の本ですが
このリブ編みはモリートさんの本にもでていたマフラーと同じなので
1400円の本としては内容がもうひとつかな(^_^;)
色合いのセンスも原色が多いので 指定糸では派手すぎ!
その辺アレンジした方がいいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。